無料メルマガ配信中です!


 ASOSを販売して月に10万円稼ぐのが限界だったところから
 平均月利110万円超最高月利280万円(2016年実績)
 稼げるようになった考え方を無料メルマガで公開中!
  ※2017年は毎日配信しています!!

<< 期間限定で↓のレポートも無料プレゼント中です! >>

 ・利益に直結するモデリングバイヤー選定法!
 ・受注を激増させる出品後チェックシート
 
 
 
 
  
      

【第8回】BUYMAの肝 〜リサーチ②〜 SHOPSTYLEを使いこなす

こんにちは、アオキです。

前回はBUYMAで売れる見込みがある商品を
見つける方法を簡単にですが紹介しました。

その方法は至ってシンプルで、

・購入履歴
・お問い合わせ
・ほしいもの登録件数
・アクセス数

の4つを確認するというものでした。

そして、注意しておきたいポイントとして、
購入履歴はBUYMAで実際に取引が行われた実績なのですが、
他の3項目はあくまで傾向を見る指標にしかなりませんので、
数字が大きいからといって本当に売れているとは限らないということです。

平たく言うと、
「今月中に買おう」と思っている人がお気に入り登録しても、
「いつかは欲しいな」という人がお気に入り登録しても、
同じ1件ということですね。

問い合わせで在庫確認されている場合は、
比較的購入意志はあると思いますが、
買ったかどうかは販売履歴のみでしか判断できません。

見る項目が多くなれば、
それだけ手間がかかるので時間も割くことになりますが、
とても重要ですので、丁寧にやりたいところです。

さて、

売れる見込みがある商品を見つけたところで、
その商品を自分が仕入れることができなければ意味がありませんので、
買い付け先を見つける具体的な方法を紹介していきます。

僕が必ずやっていることは、

・SHOPSTYLEで検索
・Google画像検索
・品番で検索
・キーワードで検索

この4つです。

BUYMAをすでにやられている方は、
「そんなの知ってるよ」って感じでしょうか?

まあそれぐらい何の変哲もない、ごくごく普通の方法です。

ですが、個人的には、

━━━━━━━━━━━━━━━
この何の変哲もないごくごく普通の方法を
いかに丁寧にやり続けられるか?
━━━━━━━━━━━━━━━

これがBUYMAで稼ぐ為の一番のポイントではないかと思っています。

BUYMAはシンプルに言ってしまえば、
売れる商品を適正価格で出せばちゃんと売れます。

それは、以前にも話した通り、
集客はBUYMAがやってくれるからです。

つまり、売れる商品が見つかったら、
あとは「いくらで仕入れることができるのか?」だけです。
(もちろん出品時の注意ポイントはいくつかありますが、
仕入れが整うことで初めて意味を持ちます)

で、
ライバルに勝てる価格で出品するためのリサーチの基本方法が、
先ほど挙げた4つになります。

一つずつ紹介するので、
飛ばすことなくやってほしい手法です。

まずは「SHOPSTYLEで検索する」から行きます。

SHOPSTYLEとは、7ヶ国のオンラインSHOPで販売されている商品を
検索できるwebサイトです。
http://www.shopstyle.co.jp/

SHOPSTYLEで検索して出てくる商品を
取り扱っているSHOPは基本的に安全です。
(検索の条件によっては一部used品が引っかかる場合がありますので、
その点だけ注意が必要ですが)

少し話は逸れますが、
BUYMAで活動する上で最も注意すべきポイントがあります。

それは偽物を絶対に取り扱わないことです。

偽物を取り扱っていると分かった瞬間にアカウント停止になります。

ですので、何があっても偽物を掴む訳にはいけません。

詐欺サイトでうっかり購入してしまい、
お金だけ騙し取られるのももちろんアウトです。
(この場合、BUYMAのアカウント停止にはなりませんが、、、)

さて、話を戻しますが、
SHOPSTYLEは「Sugar Inc」という会社が運営していて、
問題のないSHOPを掲載していますので、
安心して買い付けをすることができます。

基本的なリサーチ方法も含めて、
どのような感じか動画で紹介します。

<SHOPSTYLEの基本的な使い方>

扱うブランドにもよりますが、
僕のように主にヨーロッパのブランドを扱うのであれば、
基本イギリス(できればフランス、アメリカも)で検索すればいいかと思います。

以前は、SHOPSTYLE掲載の商品を単純に買い付けて販売すれば
利益が取れた時期があったようなんですが、
今はなかなかそうはいきません。

じゃあなぜSHOPSTYLEで検索をするのかというと、
商品の基本情報を集める場所だからです。

僕は少なくともそういう感覚で利用しています。
(数は多くはないですが、掲載のSHOPでちゃんと利益を出したこともありますので、
全く通用しないというわけではありません)

買い付ける前に出品して売る必要がありますので、
商品を見ずにある程度商品の情報を得る必要があります。

商品のカラーやサイズ感もそうですし、
一番知りたいのは「
品番」と「定価」です。

今回は扱いませんが、
僕がBUYMAの活動を進める上で、
かなり重要視している情報が「品番」と「定価」になります。

SHOPSTYLE掲載のSHOPはこれらの情報、
もしくは欲しい情報に繋がる情報が書かれています。

今後リサーチをして見つけたSHOPには詳しい情報がなく、
「品番しかよく分からない」なんてことが多々起こりますが
SHOPSTYLEから得た情報を基準にして
探しているものと合っているかの判断ができますので、
SHOPSTYLEは確実に扱えるようにしておいて下さい。

では、次回以降で、リサーチ方法の残りの3つを紹介していきます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

質問や感想があれば、お気軽にどうぞ↓
メッセージはコチラ

無料メルマガ配信中です!


 ASOSを販売して月に10万円稼ぐのが限界だったところから
 平均月利110万円超最高月利280万円(2016年実績)
 稼げるようになった考え方を無料メルマガで公開中!
  ※2017年は毎日配信しています!!

<< 期間限定で↓のレポートも無料プレゼント中です! >>

 ・利益に直結するモデリングバイヤー選定法!
 ・受注を激増させる出品後チェックシート
 
 
 
 
  
      
サブコンテンツ

このページの先頭へ