無料メルマガ配信中です!


 ASOSを販売して月に10万円稼ぐのが限界だった僕が
 平均月利110万円超、最高月利280万円(2016年実績)
 稼げるようになった考え方を無料メルマガで公開中!

 
 
 
 
  
      

【第53回】「ある」と思えば「ある」

こんにちは、アオキです。

いよいよ2015年も最後の祝日ですね。

僕が勤めている会社は祝日関係なしの、
基本土日プラス大型連休なので、
祝日だからといって特別なことはなく、
ごくごく普通の日常生活です。

朝、通勤する時に車が少ないなってことぐらいです。
(とは言っても自転車通勤なので、影響はゼロですが笑)

さて、そんなどうでもいい年末トークは置いておいて、
今日は仕入れ先リサーチの話をしようと思います。

リサーチをする上で大事だなと思うことがあるんですが、
それは何かというと、

「仕入れ先があると信じ込んで探す」

ということです。

例えばなんですが、

「今いる場所の半径10m以内に現金1000万円あります。
それを見つけることができれば、あなたのものにしても構いません」

と言われたとしましょう。

めっちゃマジになって探さないですか?

もちろんある程度信頼のおける人の話じゃないと
信じないと思いますが、(どんな人だよって感じですが汗)
信じるに値する人から言われたのであれば、
やっきになって探すと思います。

しばらく探しても見つからずに、

「ほんとに1000万円あるんですか?」
と聞いたところ、

「必ずあります」
と言われたら、まだ探し続けると思います。

逆に全然そんな話を信じられなければ、
そんなことがあったら良い話だなって思いつつ、
真剣には探さないと思います。

例えばの話で、
全然現実味がありませんが、
ここで大事なのは、

━━━━━━━━━━━━━━━
探すという行動に影響を与えるのは、
本当にあるかどうかは全く関係なくて、
本当にあると思えているかどうかだけ
━━━━━━━━━━━━━━━

ということです。

だいぶ飛躍したような話ですが、
BUYMAのリサーチでも同じです。

あると思って探すのと、
あるわけないよなって思いながら探すのとでは、
探すレベルが全然違ってきます。

当然、前者の状態の方が望ましいわけです。

しかし、「思う」「思うわない」というのは、
簡単にコントロールできるものではなくて、
人から「あると思って探せ」なんて言われたところで、
心の底から信じることができてなければ意味がないわけです。

じゃあどうするか?

自分がコントロールできる範囲で、
このような状態にしようと思ったら、

「あると思えるような商品をターゲットにする」

ということになります。

ここで「ある」というのは、
「望む利益が見込める買い付け先がある」ということです。

これは個人差がありますので、
一概にどのようなレベルとは表現できませんが、
自分自身がある思えるものであれば何でもオッケーです。

例えば、

同じような環境にあるであろうライバルPSが出品していて、
在庫確認の質問にも在庫ありますと回答している、とか。

パーソナルショッパー登録してまだ日が浅かったり、
自分より販売件数が全然少ないPSが出品しているとか。

もしくは、常に上位に入っているような
プレミアムパーソナルショッパーが相手であっても、
「同じ人間なんだから、この人に買い付けられて自分に買い付けられないわけがない」
と心の底から思えるのあればそれでも良いわけです。

要は、「買い付け可能なアイテム」と思えていればいいです。

高いハードルに挑戦して超えられるのであれば、
それに越したことはありませんが、
挑戦したもののすぐに心が折れてしまって継続すらできない
というのであればそれの方が問題です。

目標設定の話にもなってきますが、
自分が真剣に目指すことができて、
今よりも上のレベルというのがちょうどいいと思います。

高い目標でも、
真剣に目指すことができないようなレベルなら、
目標として意味を成してはいません。

自分の実力に上限を設けてしまいますので、
このような目標設定だけでは成長が鈍化してしまいますが、
まずは小さな成功体験を重ねて
実力を上げていく段階も必要だと思いますので、
リサーチ対象のアイテムをコントロールすることも必要だと考えます。

リサーチに行き詰まっているのであれば、
そのようなことも意識してみるといいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

contacticon

無料メルマガ配信中です!


 ASOSを販売して月に10万円稼ぐのが限界だった僕が
 平均月利110万円超、最高月利280万円(2016年実績)
 稼げるようになった考え方を無料メルマガで公開中!

 
 
 
 
  
      
サブコンテンツ

このページの先頭へ