無料メルマガ配信中です!


 ASOSを販売して月に10万円稼ぐのが限界だった僕が
 平均月利110万円超、最高月利280万円(2016年実績)
 稼げるようになった考え方を無料メルマガで公開中!

 
 
 
 
  
      

【第103回】梱包を丁寧にするよりも大事なことがある

こんにちは、青木です。

今日は聖飢魔Ⅱのミサ(ライブ)ファイナルに
参拝して(行って)きます。

熱心な信者(ファン)というわけではなかったのですが、
今回を逃すと次回いつ見れるかわからないので、
参拝しようと思った次第です。

(※注)
聖飢魔Ⅱは1999年の年末に地球の征服が完了したため解散したのですが、
その後2005年以降、5年おきに大黒ミサツアーをしています。
ですので、2020年にもミサがある可能性はありますが、
デーモン閣下も100053歳なので開催されるとも限りません。

とまあ、バイマとは全く関係のない話ですが、
思い切り楽しんでこようと思います。

さて、BUYMAで活動をしていて
意外と困るのが梱包です。

先日の評価にも大きく影響する部分で、
お客さんからのコメントを見ていても、
梱包が原因になっているケースがあります。

ちなみに、ちゃんと集計はしていませんが、
お客さんが不満と評価する原因は、

・関税がかかった
・梱包が雑(商品に影響があるレベル)
・到着までに時間がかかった
・商品に傷があった
・服がシワがついてしまっていた
・思っていた感じと違った
・サイズが合わなかった

と、バイヤーに落ち度がないと思われるものも含めて、
代表的なものはこのような感じになっています。

「関税が発生する場合は購入者負担」というルールを知らずに購入し、
受け取りの際に請求があるというのは、
お客さんが理解してないとはいえトラブルにつながりやすいです。

この原因は事務局にも一端はあると思ってます。

このようなトラブルが多いと把握していながらも、
「関税が発生した場合はお客様負担」アイコンみたいなものを
商品ページに設けるといったような対応を一切しません。

お客さんからしてみたらそれが分かりやすいし、
ユーザーを大事にした心配りになると思うのですが、
たぶん海外発送バイヤーからの反発が大きいから
なかなかできないのだと思います。

話を元に戻しますが、
評価の項目に「梱包の丁寧さ」もありますので、
梱包はお客さんに重要視されている項目と言えます。

特に海外からの発送の場合、
国内間の配送に比べるとダメージを受けやすく、
ダンボールに入っていても
ボコボコになってしまうことも多々有ります。
(仕入れ経験があればよく分かるかと思います)

せっかく自分へのご褒美で奮発して購入したバッグが
ボコボコの箱に入っていたらショックだと思います。

iPhoneで有名なAppleの製品は、
箱を開けるところから感動があります。

欲しくて欲しくてたまらないものを購入したものは、
箱を開ける時からドキドキするものです。

綺麗に梱包されていれば、
取引への満足度はぐっと上がると予想されます。

しかし、

そこまでする必要はない、
というのが持論です。

僕の経験上、これができていたら、
梱包が原因で不満と評価されることはありません。

・箱に無理やり入っていない
・プチプチに包んである

これだけしておけば十分です。

むしろ、丁寧に梱包されていましたと
評価でコメントしてもらえるぐらいです。

ダンボールはショップから送られてきたものを
再利用するかどうか聞かれることがありますが、
僕は基本的に新品のダンボールを使います。

コストはかかりますが、
サイズがばらばらで毎回いい具合に使えるとは限りませんので、
その都度頭を使うぐらいなら、新品を用意しておいた方が
ストレスなくことが進むと考えているからです。

商品説明や出品者からのコメントなどで、
ダンボールは再利用していることを伝えておけば、
再利用すること自体に問題はないと考えます。

エアーパッキンに包んでおけば、
傷がつかないように配慮してくれているなと
お客さんは十分受け取ってくれます。

もちろんちゃんと包んでいればですが。

あとレターパックを使うかどうかは、
価格帯にもよりますが、あんまりおすすめはしません。

使うなら、プチプチでしっかり包んでも
無理やり入れる必要がないぐらいのサイズに止めておいた方がいいです。

自分が受け取る時のことを想像すると答えは出ますが、
無理やり入ってパンパンになっていて届くのは
あまり気持ちのいいものではありません。

コストを抑えることはビジネスをしていく上で重要ですが、
それだったらそのコストを気にならなくなるぐらいの利益を出すことに
注力した方がいいと思います。

バイマは無理にコストを下げようとしなくても、
利益を増やすことは十分可能です。

これが僕の梱包に対する考え方です。

過剰に梱包していれば安心感はあるかもしれませんが、
それで毎回5~10分とかの時間を要してしまうのであれば、
その時間を短縮することを考えた方がいいと思います。

仮に3分短くなるとすれば、
月に20個あったとしても1時間の短縮が可能です。

1時間という時間が生まれれば
リサーチに当てることもできます。

あと、一昨日さらった書いたサンキューレターですが、
基本的に不要です。

なぜならば、サンキューレターを入れずに
評価に不満がついたことは一度もないからです。

それが評価が悪くなる原因になることはまずありません。

もし、配送までに時間がかかっていたり、
値上げ交渉など例外的な場合は入れてもいいかもしれませんが、
通常通りに取引が進んでいるのであれば、
はっきり言って不要です。

満足の評価をもらうことは長い目で見て重要ですが、
必要以上のことをしてしまってる場合が結構ありますので、
省くところは省いて利益を上げるための時間をしっかりと設けて下さい。

梱包は無理やり詰め込まず
プチプチに包んでいれば問題ありません!

最後までお読み頂きありがとうございました。

contacticon

無料メルマガ配信中です!


 ASOSを販売して月に10万円稼ぐのが限界だった僕が
 平均月利110万円超、最高月利280万円(2016年実績)
 稼げるようになった考え方を無料メルマガで公開中!

 
 
 
 
  
      
サブコンテンツ

このページの先頭へ