無料メルマガ配信中です!


 ASOSを販売して月に10万円稼ぐのが限界だった僕が
 平均月利110万円超、最高月利280万円(2016年実績)
 稼げるようになった考え方を無料メルマガで公開中!

 
 
 
 
  
      

【第117回】BUYMAで効率よく稼ぐために手間をかける

こんにちは、青木です。

去年はいつの間に終わってたんだって感じでしたが
毎年この時期になるとウィンブルドンが気になります。

特に2009年のフェデラーとロディックは
やばかったのを覚えてます。

3度決勝に進んで、
3度フェデラーに打ち砕かれるロディックが
かなり切ないです。

そのウィンブルドン関連で
昨晩、面白いニュースを見つけました。

世界中で大人気、ジョコもこっそり持ち帰るウィンブルドン公式タオル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00000032-jij_afp-spo

確かにあのタオルほしいなーと思ったことが何度かあります。

で、BUYMAで調べたら早速出品されてました(笑)

アンテナ張ってますね。

ヤフオクのが価格が高くて、
利益5000円くらいは出そうでした。
(BUYMAに出品した方はもっと言い値でもよかったかも)

BUYMAをやってるおかげで、
海外のものだったり、海外のチケットだったり、

「自分で手配できるんじゃないか?」

って視点ができました。

BUYMAをやる目的って、
まずは稼ぐってところだと思いますが、
自分が欲しいものを安く買えたり、
海外に行ったついでに買い付けできたり、
ちょっとしたビジネスチャンスを見つけられたり、
副産物が結構ありますね。

正直、僕は物販系のネットビジネスなら何でもよくて、
BUYMAを選んだのはたまたま感がありましたが、
個人的には運が良かったと思ってます。

さて、昨日は、

リサーチするときに前提となる考え方をお伝えしました。

具体的には、
自分と近い環境のライバルを中心にリサーチするってことです。

海外ショッパーが実店舗で仕入れているのか、
ネット仕入れなのかはわかりませんが、
地の利を生かしたものであったら太刀打ちできません。

それだったら、自分と近い環境であろうライバルをリサーチして、
どうやって稼いでいるのかを分析した方がいいです。

自分と同じ環境であれば、
自分も同じように稼ぐことができる可能性が高いからです。

そして、
「自分にもできる」って思えることが
一番大きいです。

できるって思えていないと、
全然問題なくクリアできることでさえ、
できなくなってしまいます。

販売実績が多い、
評価が高い、
プレミアムパーソナルショッパー、

別にどれも大した問題じゃないので、
ガシガシリサーチさせてもらいましょう。

自分ができることが増えていけば
海外在住のショッパーであってもリサーチしていっていいと思います。

お客さんの中には国内発送を望む人が必ずいるので、
日本に住んでいるからって不利ってこともありません。

むしろEU圏ならVAT(付加価値税)を支払う必要がないので、
現地に住んでいるショッパーよりメリットは大きいです。

とまあ、長くなってしまいましたが、
臆せずにいきましょう。

さて、本題はここからです(笑)

今日は、出品する商品をどう選ぶかって話をします。

出品するからには売れて欲しいわけですが、
闇雲に出品したところでそうはいきません。

昨日も触れましたが、

・需要がある商品
・適正な価格であること

でなければ1000件出品しても
2000件出品しても売れません。

なので、売れる可能性が高い商品を
選んでいきたいところなんですが、
それをどうやって探すか?

見るべきは、
ライバルショッパーの販売履歴です。

信用できる情報は販売履歴以外にありません。

アクセス数でもなく、
ほしいもの登録でもなく、
お問い合わせでもなく、
人気順の上位の商品でもなく、
有名人のブログやインスタグラムでもありません。

もちろん、全く見ないわけではありませんが、
あくまでも参考情報ってレベルです。

人気商品はアクセスやほしいもの登録が
増える傾向にありますが、
アクセスやほしいもの登録が集まっている商品が
必ずしも売れているとは限りません。
(ここでいう人気商品は「売れる見込みがあるアイテム」です)

アクセスが何千とあって、
ほしいもの登録が100件ある商品で、
人気順がブランドxカテゴリでTOP5の位置に来ていても、
1件も売れてない商品とかも普通にあります。

人気商品を選んだ後に、
仕入れ先をリサーチしていくわけですが、
仕入れ先リサーチの方が時間がかかります。

というか、じっくり時間をかけたい部分です。

なので、人気商品だと思ってガッツリ仕入れ先をリサーチしたけど、
実は全然売れてなかったってなると時間のロスが大きくなります。

だからできる限りガセネタを掴みたく無いわけです。

必ず「販売履歴」を見ます。

販売履歴を見るに至るプロセスとして、
人気順やほしいもの登録、アクセスを見ることになりますが、
そこだけで判断するのはご法度です。

商品ページからそのショッパーの販売履歴に行くには、
2回ページの移動をしないといけないので、
確かに手間はかかります。

しかし、その手間を惜しむことで、
より大きな時間を失うことになります。

「これは売れるに違いない」って思っても、
まずはライバルショッパーの販売履歴を見て、
直近1ヶ月で何件売れているのか、
直近3ヶ月で何件売れているのか、
というデータを拾って、冷静にジャッジします。

もちろん、同じ商品を出品している
他のライバルショッパーも確認します。

手間がかかって、時間も要しますが、
ここを雑にやると本当に時間をロスしすぎてしまって、
どれだけ時間があっても足りなくなってしまいます。

というのも、
僕もガセネタを掴んでしまって、
(というか勝手に早とちりしただけですが)
「何で売れないんだ!」ってボヤいてた経験があります。

何てことは、
そもそも売れてない商品だったって話です。

なので、
必ず販売履歴を確認する癖をつけて下さい。

これが人気商品を見つけるときのポイントです。

お問い合わせや感想はコチラからどうぞ。

最後までお読み頂きありがとうございました。

無料メルマガ配信中です!


 ASOSを販売して月に10万円稼ぐのが限界だった僕が
 平均月利110万円超、最高月利280万円(2016年実績)
 稼げるようになった考え方を無料メルマガで公開中!

 
 
 
 
  
      
サブコンテンツ

このページの先頭へ