無料メルマガ配信中です!


 ASOSを販売して月に10万円稼ぐのが限界だったところから
 平均月利110万円超最高月利280万円(2016年実績)
 稼げるようになった考え方を無料メルマガで公開中!
  ※2017年は毎日配信しています!!

<< 期間限定で↓のレポートも無料プレゼント中です! >>

 ・利益に直結するモデリングバイヤー選定法!
 ・受注を激増させる出品後チェックシート
 
 
 
 
  
      

リサーチをした時に、仕入れ先が見つかる探し方とは?(第375回)

今日は、

━━━━━━━━━━━━━━━
「ライバルの仕入れ先が見つかるリサーチ」
と、
「ライバルの仕入れ先が見つからないリサーチ」
の違い
━━━━━━━━━━━━━━━

についての話をします。

同じように仕入れ先リサーチをしたとしても、
今日話すポイント次第で結果はどちらにでも転びます。

要するに、

「同じやり方をしてもポイントが押さえられていないと
仕入れ先が見つからない」

ということです。

 

まず、前提として、
「ライバルの仕入れ先を突き止めるという」
発想が大事です。

BUYMA内で売れる見込み高い商品を
探して仕入れ先を探していく手順を推奨していますが、
その方法だと、基本的にライバルがいることになります。

その商品に関して、
BUYMA内で先行して出品するのではなく、
”後追い”で出すことになるからです。

ライバルがいない方が良さそうなものですが、
それは一長一短あって、
ライバルがいるということは、
「ライバルは販売できる状態にある」
と判断ができます。

ライバルがいない商品を想像してみると分かりますが、
ライバルがもしいなかったとすると、

・その商品が売れるかどうかも、
・その商品が仕入れられるかどうかも

分かりません。

ライバルがいるということは、
見方を変えれば、

「少なくともライバルはその価格で販売した時に
利益が出る価格で仕入れができる」

と解釈できます。

もちろんこれは、
「ライバルができる」わけであって、
「自分ができる」とは限りません。

 

しかし、ここが重要なのですが、

「何かしらの方法を使えば、
その価格以下で仕入れができる」

ということだけはまぎれもない事実です。

で、この事実を踏まえてどう考えるかが分岐点です。

「ライバルが仕入れられるってことは
自分にも仕入れられる」

と考えるのか、

「ライバルには仕入れられるけど、
自分には無理」

と考えるかで結果が変わります。

「考える」というのは、
「無意識に思っている」とも置き換えができます。
(というかその方が正しいです)

冒頭に話した「違い」というのは
この違いになります。

つまり、「自分にもできる」と思っているか、
「自分にはできない」と思っているかの違いです。

どう思っているかだけの差なので、
言ってしまえば気持ちの問題なんですが、
その気持ちの差が結果の差になります。

つまり、能力とかノウハウとか
そういった差ではないということです。

なぜそのようなことになるかというと、
人は「思ったことに相応しい事実」を
見つけるのが上手だからです。

この表現は分かりにくいと思うので言い方を変えると、

「思ったことに相応しい事実」=「結論の根拠」

「根拠があって結論が出る」というのが
自然な流れだと感じると思いますが、

そうではなくて、
「結論が決まっていて、その根拠を見つけている」
ということを人間はしています。

つまり、

あるライバルに勝てない根拠が出てきて、
「ライバルに勝てない」と結論が出るのではなく、

ライバルに勝てない結論が先に出ていて
「ライバルに勝てない根拠を探している」
状況になっているということです。

 

要するに、ライバルに勝てないと思っていたら
いつまで経っても絶対に勝てないって話です。

仕入れ先が見つからないと思っていたら、
仕入れ先は本当に見つかりません。

目の前を通過していても
その仕入れ先に気づかずにスルーしてしまいます。

不思議な話なんですが、
「仕入れ先は見つからない」って結論が決まっているので、
仕入れ先が見つかってしまうと
その結論を肯定できず、困る訳です。

「そんなこと言っても、
見つからないものは見つからなくないですか?」

確かに、その通りです。

さっきまでと矛盾しますが、事実として
”現時点では”勝てないライバルはいます。

今現在の条件が違うので無理なものは無理です。

例えば、現地でしか買えない商品を
現地にいけない状況ではどうあがいても買えません。

自分が行くか、行ける人に買ってもらうか、
ということをしなければ買えないわけです。

ただ、そうすれば買い付けられるって話です。

その条件によって壁の高さは違いますが、
今この瞬間は無理でも何かしらの条件を整えれば、
基本的にライバルの条件に並ぶことはできます。

”現時点では”というはそういう意味です。

そこまで含めて「できる」と思えるか、
「できない」と思ってしまうかの差があります。

つい先日、コンサル生の方が、

「このライバルの価格には太刀打ちできません」

と言うので、
そのライバルを確認したんですが、
リサーチしてみるとちゃんと仕入れ先が見つかった、
ということがありました。

もちろんコンサル生の方も仕入れが可能なショップです。

むしろコンサル生の方はすでに知っているショップです。

なのに、なぜコンサル生の方は見つけられなくて、
僕は仕入れ先を見つけることができたのか?

それは、リサーチを丁寧にしたかどうか
という差もあるとは思いますが、

それ以前に僕は、
「この仕入れ先は見つかるな」
って思ってましたし、なんなら、
「見つからないわけがない」
ぐらいに思ってました。

たぶん、それだけの差です。

あることを前提に探したのか、
ないことを前提に探したのか、の差です。

とした時に、

━━━━━━━━━━━━━━━
勝てると(心の底から)思える
ライバルを相手にする
━━━━━━━━━━━━━━━

ということが大事になってきます。

この話をし出すとさらに長くなるので、
また別の機会に書こうと思いますが、

とりあえず大事なことは、

━━━━━━━━━━━━━━━
勝てそうなライバルを見つけて
勝てると思ってリサーチするのがポイントです。
━━━━━━━━━━━━━━━

なので、まずは、
勝てそうなライバルを探してみましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

追伸、

「勝てそうなライバルを探す」ことは、
「勝てるライバルだけと戦う」こととは違うので
注意して下さい。

微妙な差なので、
そのニュアンスをメルマガで伝えるのが難しいんですが。

勝てるライバルとしか戦ってなかったら
仕入れの幅が広がりませんので、
勝てるライバルを増やしていくという発想は必要です。

その辺りは、また追々。

 

 

お問い合わせや感想はコチラからどうぞ。

選択をミスらないために、原因を正確に突き止める(第374回)

今日は「原因を”正確に”に突き止めることの重要性
について話そうと思うのですが、その前に、

レディース財布カテゴリ対象のクーポンが
出ているせいか、最近売れたアイテムを見ると
財布が多いような気がしますね。

でも、

普段から財布は割と売れやすい
カテゴリだとも思うので、
気のせいといえば気のせいかもしれません。

まあ、でも比較的高額クーポンですし、
売れていると思います。(←結局どっちやねん笑)

個人的な感覚としては
めちゃくちゃ売れてるっていうよりは、
お盆休みの割には反応が落ちないって感じですかね。

8月は売れなくはないという話を月初めにしましたが、
どうしてもお盆付近は若干落ち着く印象なので、
それを考慮するとクーポンに後押しされていると思います。

ということで、
クーポンの告知も抜かりなくして下さいね。

 

さて、

今日はスカイプでコンサルをしていたんですが、
コンサル生のMさんは、

「出品した商品が売れない」

という課題に直面していました。

としたときに、
原因を”正確に”突き止める必要があります。

なぜ”正確に”突き止める必要があるかというと、
売れない原因を見誤ると
その後の選択もミスるからです。

 

例えば、販売履歴のデータを基に50件出品したとして、
1件も売れなかったとしましょう。

この結果を受けて、
「商品の選定の精度が悪かった」
と判断し、
「人気商品リサーチをやり直す」
というのは早計です。

より人気の高い(売れている実績が多い)商品を
選定してさらに50件出品したとしても
また1件も売れない可能性があります。

なぜなら、最初に売れなかった原因が
人気商品を選べてなくて売れなかったとは
限らないからです。

言い換えると、
「人気商品を選べていたけど売れなかった」
可能性があるということです。

もしかしたら、商品の選定自体は悪くなくて、
出品の仕方に問題があったのかもしれません。

それは、価格が問題なのかもしれませんし、
出品ページが良くなかったのかもしれません。

BUYMAは売れている商品を扱っていたとしても
ライバルが自分より優位な条件で出していたら
ライバルから売れていってしまいます。

・人気商品を出品できていなくても、
・人気商品を出品しているけど
ライバルの方が条件がいいというのでも、

結果は同じ「売れない」になってしまうというわけです。

前者であれば、人気商品の選定を
見直すという選択で合っていますが、

後者の状況で出品を増やしたり、
より人気の商品を扱ったとしても、
結局全てライバルから売れてしまうことになるので、
永遠と売れないままです。

原因を見誤ると、
その後の選択をミスるとはこういう意味です。

詳しい分析のしかたについては、
毎回メルマガの最下部にあるリンクの
チェックシートを参考にしてもらえればと思いますが、

とりあえず出品した商品が売れなかった場合は、
同じ商品を出品していライバルを確認して下さい。

そうすれば、出品していた商品が
BUYMA内で需要があったのかどうかは判断できます。

「出品した商品が売れない」ということは
BUYMAをやっているとよくあることですが、
その時には「出品した商品が悪い」とか、
「ライバルが強いから」と短絡的に結論づけずに
原因を突き止めることを意識して下さいね。

原因追求をした結果、

「出品した商品が悪い」
「ライバルが強いから」

この答えに行き着くかもしれませんが、
追求した上での結論なのか
勘で出した答えなのかでは全く別物ですので。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

追伸、

ちなみに、原因を”正確に”突き止めるといっても
数学の問題のように「これ!」と明確に
答えが決まっているものではありません。

あくまでも数字などを検証しながら
消去法で「これっぽい」というところまでしか
いけないことがほとんどです。

そもそもお客さんが
「なぜそのライバルから買ったのか?」
正確には分からないですからね。

それは「お客さんに聞くこともできない」という理由と、
お客さんに聞いたとしても
「お客さん自身も自分で把握できてない」
という理由があるからです。

なので、”正確に”と言いましたが、
「限りなくこれが原因っぽい」
というところまで検証できていればOKです。

 

 

お問い合わせや感想はコチラからどうぞ。

BUYMAで出品するときは、利益を乗せたいだけ乗せていいのか?(第373回)

受注ってあればあるほど嬉しそうなものですが、
場合によっては「受注を取らない」ことも必要です。

というのも、
今日は対面コンサルを実施していて、

「問い合わせがあったものの予定していた
買い付け先は在庫切れで、
別のショップで買い付けはできるけど
仕入れ価格が上がってしまう。

この場合はいくら値上げをすべきか?」

というケースがありました。

これに対して僕は

「納得できるだけの利益を乗せたら
いいと思いますよ」

と答えました。

勘違いのないように先に言っておきますが、
これはセオリーではありません。

セオリーは、ライバルの価格や条件、
問い合わせしてくれたお客さんが
ライバルを見ていそうかどうかを踏まえて
値上げ後の価格を提示すべきです。

利益を乗せたいだけ乗せて
ライバルがその価格より安ければ、
ライバルに流れてしまう可能性も高くなります。

言い値で回答して売れた場合はいいですが、
売れなければ利益はゼロです。

しかし、利益が少なくなったとしても
売れれば利益は得られることになるので、
ライバルを意識した価格設定により
受注の確率を上げるというのがセオリーです。

では、なぜ今回は
納得できる利益を乗せたらいいと回答したのか?

その理由は、
ライバルを意識した価格で売れた場合の
利益と取引にかかる手間を天秤にかけて、
注文を受けた方が損失が大きいと判断したからです。

今日コンサルをしていたKさんは、
10~20万円の月利を得られるようになってきましたが、
次の段階にいくには利益単価を上げる必要があります。

というのも、
今のやり方だと時間や手間がかかってしまうため、
どうしてもリサーチに当てる時間が確保できません。

リサーチができなければ
現在~数ヶ月先の利益に影響が出ますし、
当然利益額を伸ばすことも難しいです。

作業量をどれだけでも増やせるのであれば、
理論上は利益もどれだけでも増やせますが、
BUYMAに使える時間には限りがあります。

しかも、作業量を闇雲に増やしていくと
同じ処理速度を維持できなくなるので、
時給は下がっていくことになります。

ですので、作業量を増やして利益を増やす
という選択は実存性がありません。

仮に数ヶ月は実行できたとしても
どこかで限界がきて活動できる時間が減ってしまい、
それに伴って利益も減っていきます。

ですので、

継続的に利益を得ようと思ったら、
継続的に活動する必要があるので、
作業時間あたりの利益を増やす必要があります。

端的には、
時給を上げるということです。

で、話を戻しますが、
Kさんは時間と手間的に見たときに
目の前の利益を得ることよりも、
その利益と引き換えに失う時間と手間を
リサーチに当てた方が目標に近づけると判断した為、

「利益を乗せたいだけ乗せましょう」

と、提案したわけです。

さきほども言いましたが、
常に利益を乗せたいだけ乗せるわけではありません。

基本的には「売ってなんぼ」です。

今回に限った話ではありませんが、
「AのときはB」と短絡的に答えを出せること
ばかりではありません。

同じ場面でも状況によって答えは変わりますし、
なんなら人によっても変わります。

ですので、
「自分にとっての最適な答えは何か?」
という視点を持って下さいね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

お問い合わせや感想はコチラからどうぞ。

BUYMAを始めたら、まず何からすべきなのか?(第372回)

最近、これからBUYMAを始めるという方
何名かと話をする機会があって、

「何からやればいいですか?」

という質問を受けたので、
今日はその答えをテーマにしたいと思います。

 

「まず何から始めればいいのか?」

 

真っ先にやるべきことは、

「クレジットカードを作る」ことです。

これは絶対に外せません。

人気商品をリサーチすることよりも、
仕入れ先をリサーチすることよりも、
まずはクレジットカードを作ることが最優先です。

何らかの事情でクレジットカードが作れないのであれば、
デビットカードでも大丈夫です。
(ただし、デビットカードの場合は現金が必要となります)

仮に出品した商品が売れて、
買い付け先に在庫があったとしても
決済ができなければ利益にはなりません。

海外に送金する方法もありますが、
現金が必要ですし(この点はデビットカードも同じですが)、
手続きがめんど臭いです。

あと、海外のショップへいきなり
送金するとか心理的ハードルは高すぎます。

そんなところに心労を費やすぐらいなら
別のところに費やすべきです。

また、”真っ先に”申し込みをすべき
としているのは、申し込んでから
使えるようになるまで時間がかかるからです。

早いところだと1週間ぐらいで届きますが、
だいたい2、3週間はかかります。

リサーチが上手くできていて
ちょうど欲しいお客さんが現れれば、
(完全に嬉しいことですが笑)
クレジットカードが届く前に受注があるかもしれません。

なのに、決済できる手立てがなければ
みすみす利益を逃してしまうことになります。

クレジットカードの申し込みを先送りにしたことで
そんなことになってしまった悔やんでも悔やみきれません。

「早く作ったけど受注がなくて
買い付ける機会もなかった」

という分には全く問題ないので、
兎にも角にもまずはクレジットカードの申し込みです。

「私はクレジットカードを持っているので大丈夫です」

という方もいると思います。

その方に質問ですが、

「利用可能枠はいくらありますか?」

利用可能枠が100万円以下なら、全然足りてません。

もちろん稼ぎたい額にもよりますが、
月に20~30万円、あるいはそれ以上稼ぎたいのであれば、
限度額が200万円あっても足りないくらいです。

今、申し込める分を全て申し込んで
それでも100万円にしかならなかったというのであれば、
それは仕方がありません。

その場合は、ある分でやりくりをしながら、
信用を積み上げていき徐々に大きくしていきます。

しかし、作れるのであれば、
ちゃんと作っておいて下さい。

200万円ぐらいの枠であれば、
少し流れに乗ればすぐ使い切ってしまいます。

この間もコンサル生が、
「○○(あるショップ)でクレジットカードが
切れませんでした」
という報告を受けましたが、
カードの利用状況を確認したら
利用可能枠を超えていただけでした。

っていうぐらい、気づかないうちに
大きな金額を決済していくことになります。

当然、足りないと思ってから
カードを作っても間に合いません。

キャッシュがあれば繰上げ返済とかで
解決する場合もありますが、
中には繰上げ返済に対応してくれない
カード会社もあります。
(正確には、繰上げ返済はできますが、
利用可能枠が戻らないということがあります)

必要な時にないとものすごく困るもので、
かつすぐには作れないのがクレジットカード、
というわけです。

ですので、クレジットカードがない、
もしくは使える額が少ないのであれば、
いち早く申し込みをして下さいね。

(すでに何枚か持っているのであれば、
増枠申請もしておいた方がいいです)

くどいようですけど、
決済する手段がないと
BUYMAもクソもありませんので。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

追伸、

オススメのクレジットカードについては、
ブログにも書いてありますが、

━━━━━━━━━━━━━━━
1、オリコザ・ワールド
(年会費が9,800円かかりますが、ポイント還元率が高い)

2、楽天カード

3、オリコカード

4、ANAカード(VISA or アメックス)
━━━━━━━━━━━━━━━

っていう感じですね。

アメックスは最初使える額が少なかったり、
外貨決済手数料が高いということがありますが、
対応が早いので、1枚持っておくと役立つカードです。

・BUYMAで使いやすいクレジットカード
【第104回】バイマで使いやすいクレジットカード

・オリコザ・ワールドの話
バイマと相性抜群!高還元率の最強クレジットカード(第158回)

 

 

追々伸、

クレジットカードの利用可能枠が
どれくらい必要なのかってことも
過去に記事に書いているので
参考にして頂ければと思います。

・クレジットカード枠について
【第17回】利益を出そうと思ったら必ず準備する必要があるもの

 

追々々伸、

クレジットカードを申し込む場合は
A8netかハピタスなどを通すことで
いくらかキャッシュバックされます。

詳しくは自己アフィリで調べてみて下さい。

 

 

お問い合わせや感想はコチラからどうぞ。

BUYMAに出品した商品の受注確率を上げるために必要なこと(第371回)

毎週のように出ているクーポンですが、
今週もきっちり出ていますね。笑

今回はレディースの財布・小物カテゴリ限定なので
関係ないという方もいるかもしれませんが、
40,000円以上で4,000円引きと大きめの割引額ですので、
該当する商品を出品しているのであれば
しっかりと案内をしていきましょう。

で、最近クーポンが出ることが多いわけですが、
ちゃんと確認はできていますか?

受注確率を高めたいのであれば、
パターン化されていることは予測して動くことが重要です。

先週出ていたような短時間のクーポンだと
パターンは違いますが、
よくあるケースとしては週中から週末に
かけて発行されることが多いです。

以前は木、金曜日から日曜いっぱいでしたが、
最近は水曜日スタートが多いですかね。

時間帯としては夕方ぐらいからでしょうか。

という傾向が分かっていたら、
水曜日はクーポンが出るかもと予測が立ちます。

とは言うものの、

予測を立てなくても、日々活動していると
BUYMAのサイトを見ることになるはずなので、
クーポンには基本的に気づくはずです。

だから別に気に留めなくても
クーポンには気づくからいいじゃん、
と思うかもしれません。

しかし、

問い合わせに回答する時に
見落としていることはありませんか?

問い合わせがきて、回答するだけであれば
マイページ内で対応を完結できてしまうので
トップページを見る必要がありません。

そうすると、対象のクーポンが出ていたとしても
それを案内することなく終えてしまいます。

また、PCサイト、スマホサイトのトップページでは
クーポンがしっかり告知されていますが、
なぜかスマホアプリ(確認したのはiPhoneのみ)は
クーポンが発行されていることは分かりません。

ということは、
スマホアプリで問い合わせ対応をした場合に
気づきようがないわけです。

クーポンが出ていることを伝えたところで
受注に繋がるがどうかは分かりませんが、
受注確率を上げるのであれば確実に伝えるべきです。

莫大な手間や時間がかかるというのであれば
話は別ですけど、クーポンが出ていることを
伝えるだけなら一瞬ですからね。

とした時に、
「どうやってクーポンの存在に気づくか?」
が大事です。

「忘れずに見る」としたところで、
忘れずに見ることを忘れてしまったら
話になりません。

人なんて忘れる生き物なので、
記憶なんて全く期待できません。

忘れないようにすることより、
「思い出せさせる”工夫”」をすべきです。

例えば、Googleカレンダーに毎週登録をしておいて、
スマホに通知が出るようにしておくとか。

これもほんのちょっとの手間で済むわけです。

ほんと些細なことなんですが、
「受注確率を上げるために何ができるか?」
を常に考えて、行動の移すというスタンスは
BUYMAで稼ぎたいなら必要なことです。

そういうちょっとしたことの積み重ねですからね。

キーワードを商品コメントに入れ込むとか、
ライバルを確認するとか、価格を調整するとか、
些細なことを日々丁寧にやって頂きたいと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

お問い合わせや感想はコチラからどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ