無料メルマガ配信中です!


 ASOSを販売して月に10万円稼ぐのが限界だった僕が
 平均月利110万円超、最高月利280万円(2016年実績)
 稼げるようになった考え方を無料メルマガで公開中!

 
 
 
 
  
      

BUYMAで月69件の取引は非効率なのか?(第149回)

こんばんは、青木です。

今日はカイロ(整体)に行ってきました。

動けなくなるほどひどくはならないのですが、
実は10年以上前から腰痛には悩まされています。

特に最近は旅行に行った時とかに荷物を持って
歩く量が増えると痛みが出たりしたので
なんとかしたいと思って通い始めた感じです。
(旅行に行って痛みが出ると、
ほんとにテンションが下がります笑)

何もしなければおそらく
症状は悪くなっていく一方なので、
行く先の不安解消の意味も込めて。

 

で、通い始めて1ヶ月半ほど経つんですが、
調子はかなり良くなったように感じます。

痛みが出ることはあっても、
長引かなかったりとか。

施術もさることながら、普段の生活の中で
姿勢を意識するようになったことが
好影響を与えているように思います。

長時間座っていると姿勢が悪くなることは
カイロに行く前から薄々気づいていたんですが、

カイロの先生に頭の位置とか肩の位置とか
ちょっとしたポイントを教えてもらったことで
体に負荷がかからない姿勢がわかりましたし、
意識もするようになりました。

「いい姿勢で座る」ことがいいのは
なんとなく想像がつきますが、
「いい姿勢」がどういう姿勢で
その姿勢をどうやったら取れるのかを
知らなければ「いい姿勢」では座れません。

正しい知識を取り入れて、
そこに意識を向けるって大事ですね。

改めて実感しました。

 

正しい情報かどうかを見極める力も
必要ではありますが。

 

さて、無料スカイプに申し込んで
下さった方と早速話し始めているのですが、
僕がかなり気づきを頂いてます。笑

その気づきをメルマガでも
お伝えしていこうと思っているのですが、
今回は僕の活動状況について
補足をしておきたいと思います。

先日のメルマガで10月の取引件数が
69件だったという話をしたんですが、

「それだけの件数をさばくのは時間がかかりませんか?」

という質問がありました。

外注はしていないので梱包発送も
全部自分でやっているんですが、
活動時間が1日2時間程度というのと69件という
数のイメージが重ならなかったようです。

確かに、平均で1日に2~3件の受注を
捌いていることになるので手間がかかりそうです。

 

しかし、僕の場合は全てではないですが、
在庫販売を多く取り入れているので
無在庫販売に比べるとかなり手間が省けます。

無在庫で出品していた商品を受注した場合、

1、受注後の連絡(お礼)
2、買い付け
3、買い付け後の連絡
4、買い付け先から発送時に連絡
5、発送と発送通知

という具合で取引を進めているかと思います。

人によっては連絡を省いていたりすると思いますが、
受注から発送までの管理(荷物の把握とか)は
結構めんどくさいですし、
お客さんから「いつ届きますか?」とか聞かれると
かなりのストレスになります。

件数が増えれば増えるほど、
その煩わしさは増大していきます。

 

しかし、在庫を持っている商品であれば、

1、受注後の連絡
2、発送と発送通知

で取引は終了してしまうので、
ほとんど手間がかかりません。

ショップにオーダーして荷物を
受け取るという作業自体はあるので、
完全に手間がなくなっているわけではありませんが、
焦らされることがないので、
オーダー後は基本放置で到着を待つだけです。

ですので、69件という取引は
数字のイメージ以上に楽なものです。

前回のメルマガでお伝えしたように
「在庫を持つメリット」は違うところにあるので、
手間が省けるという部分を最初から狙うものでは
ないと思いますが、こういった副産物があることも
頭の片隅に入れておいて頂ければと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

お問い合わせや感想はコチラからどうぞ。

バイマで在庫販売をする本当の意味(第148回)

こんばんは、青木です。

先日Yahooニュースを見ていたら

「アイアンマンレースに挑む、「超老人」の挑戦! なんと83歳と11カ月!」

という記事を見ました。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161029-00050030-gendaibiz-bus_all

83歳でアイアンマンレースって・・・。

ちなみにアイアンマンレースってご存知ですか?

言ってしまえば、
トライアスロンをえげつなくした感じです。

トライアスロンはスイム、バイク、ランがそれぞれ
1.5km、40km、10kmです。
(オリンピックディスタンスの場合でロングとかもあります)

アイアンマンレースレースはこの距離が、
3.8km、180km、42.195kmになるっていう
もはや意味がわからない競技です。笑

これを17時間以内に完走すると
「アイアンマン」の称号を受けられるそうです。

どれか1つでも完走(泳?)はきついのに、
それを83歳で完走。

しかも、64歳で水泳を始め、
アイアンマンレースに初挑戦は70歳。

「すごい」っていう陳腐な言葉しか
出てきませんでした。笑

とりあえず、こういう人の存在を知ると
何も言い訳できないなって思います。

さて、先日のメルマガで募集をした
skypeの無料相談ですが、
僕が思ってた以上に申し込みがあり、
締め切りを待たずに1日で埋まってしまいました。

ほんとは前回のメルマガの後にも
「まだ募集してますよー」的なのを
送ろうと思っていたのですが。。。

完全に読みは外れましたが、
ありがたい限りです。

今回のような無料skypeをまたやるのか、
それとも今回限りなのかは今の所未定ですが、
メールによる問い合わせは随時受け付けていますので、
気になることなどあればいつでも気軽に聞いて下さい。

「ちょっとした」と思うようなことでも遠慮なく。
(問い合わせフォームは最後にリンクがあります)

さてさて、昨日コンサルをしていて
「在庫を持つ」という話になったのですが、
そこで思ったことがあったのでシェアします。

BUYMAは無在庫での出品ができるわけですが、
無在庫でもできるというだけで、
在庫を持って販売することももちろん可能です。

そして、在庫を持って販売しているショッパーもいます。

じゃあ、無在庫でも販売できるのに、
わざわざリスクをとってまで
「在庫を持つ意味」ってなんでしょうか?

わかりやすいメリットは、
「早く届けられる」というところでしょうか。

やはり早く届けて欲しいというニーズは
一定数あるように思います。

「◯◯日は結婚式があって使いたいのですが、
間に合いませんか?」

みたいな。

他にも誕生日プレゼントとか、
これから盛り上がってくるクリスマスとか。

だいぶ前から日程決まってるんじゃ・・・
なんてことを思いながらも、
直前にならないと準備しないのも人間だなと思います。
(というより自分にもよく当てはまります)

まあ理由はなんであれ、
急いでいる人は必ずいますし、
急いでいないとしてもどうせなら早く
届いてくれる方が嬉しいわけです。

なので、在庫を持っていれば
そういうニーズに応えられますし、
価値があるような気がします。

しかし、そこに価値が生まれるには前提条件があります。

それは、

「在庫を持っている他にライバルがいない」

ことです。

あるいは、
ライバルが在庫を持っていたとしても、
自分の方が価格が安いとか、
何かしらの条件で優位でなければ自分から売れる
理由にはなりません。

仮に自分が在庫を持っていて
ライバルが無在庫で時間がかかるとしても
ライバルのが安ければ、急いでいないお客さんは
ライバルから買うことになります。

もちろん金額の差にもよりますが。

つまり、ライバルと相対的にみて
優位でなければ在庫を持ってもそんなに
メリットにはならないということです。

じゃあ、在庫を持つメリットは
なんなのか?ってことなんですが、

僕が思う在庫を持つメリットは、

「ライバルを不在にする」

ことだと考えています。

BUYMAでよく起こる問題に
ライバルと価格競争に陥って利益の
削り合いになってしまうことが挙げられます。

ASOSはその最たる例です。

価格帯が安いことがだけが薄利になる原因ではありません。

「誰でも簡単に扱える」というところが
価格競争に陥る大きな要因です。

仮に、ASOSを独占販売できるとしたらどうでしょうか?
ASOSを扱った経験がないとイメージしにくいかもしれませんが

利益を上乗せすれば価格が高くなるので
多少売れ行きは落ちると思いますが、
それでもかなり利益を出せると思います。

ASOSと同じように
誰でも仕入れられる状況になってしまえば
例えハイブランドであったとしても
価格競争に陥ってしまう事実があります。

そこで価格競争を陥らないために
「ライバルを不在にする」ということです。

ライバルと同じ仕入れ先なのであれば、
買い占めてしまえばライバルは販売できません。

なので、「在庫を持つ」というよりは、
「買い占めた結果、在庫販売になる」
という方が正しいかもしれません。

これが、僕が思う「在庫を持つ意味」です。

売れる商品でライバルを不在にできれば、
適正価格での販売であっても
利益単価をかなり上げることができますので、
「ライバルがいなければ・・・」と思うことあれば
選択肢の一つとして考えてみて下さい。

当たり前ですが、
仕入先が同じだと思ったから買い占めたのに、
実はライバルの買い付け先は別のショップだった
となれば買い占める意味はなくなってしまいますので、
買い占める場合はライバルをよくリサーチした上で
踏み切るようにして下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました!

追伸、

ライバルより優位に立つという話をしましたが、
何割かのシェアを取れればいいというのであれば
全てにおいて優位に立つ必要はありません。

価格もライバルからかけ離れていなければ
最安値でなくても売れますので、
どれだけの利益を得たいかでバランスを
取るのがいいと思います。

追々伸、

「在庫切れを防ぐ」というのも
メリットの一つになると思います。

これからSALE時期になりますし
在庫切れもそれなりに起こってくると思うので、
品薄でかつBUYMAでも需要があることが分かっていれば
先に在庫をもってしまうのも戦略としてアリだと思います!

お問い合わせや感想はコチラからどうぞ。

バイマの実績と特別なお知らせ(第147回)

こんばんは、青木です。

昨日から11月に入ったわけで
今年も残すところあと2ヶ月となりました。

時間が経つのも早いと思いますが、
それ以上に気候の変わり方が早くてびっくりします。

七分袖のシャツを何枚か持っているのですが、
ほぼ着る機会がなくて、もう長袖シャツや
ウルトラライトダウンを着ています。

どっかで「日本から春と秋がなくなってる」
みたいなことを言ってる人がいましたが
なんとなく納得感があります。

急激に冷え込んだり、
たまにあったかい日があったり、
体調を崩しやすい時期だと思うので
体調管理には気をつけて下さい。

体調はいつでも崩したくないものですが、
購買意欲が増大するこれからの時期は
特に注意が必要です。

さて、昨日のメルマガでも触れましたが、
今日は久しぶりに成果報告でもしようかと思います。

では早速、直近のところから言うと、
先月は粗利で107万円でした。(受注ベースです)

取引件数は69件だったので利益単価は15,000円を
少し上回っているぐらいです。

利益の額もさることながら、
1日に平均2時間弱の活動で負担が少なく、
個人的にはそこが良い部分かなと思います。

ちなみに今年の1~10月までの数字を平均しても
おおよそ10月単月の結果と近い数字になっていて、
月平均で粗利が117万円、
利益単価が14,500円といった感じです。

とはいっても、
月利100万円を毎月超えているわけではなくて
10ヶ月あるうちの2ヶ月は100万円を
下回っています。

やはり月によって波はありますし、
活動している当人の感覚としては
月初めになると

「今月もちゃんと売れるのか?」

という不安が毎月のようにあります。

その不安が活動の意欲(?)となってる
部分も少なからずありますので、
一概に悪いものではありませんが。

だいぶざっくりとですが、
直近と今年の成果状況と心情でした。笑

ちなみに昨年はというと、
月利の平均は40万円/月です。

単純にこの数字だけを比較すると
今年になって何か特別なことをしてそうなんですが、
実際のところそうではありません。

確かに今年になって海外で実店舗買い付けを
したこともありますが、
ベースとなっているのは自宅(日本)から
オンラインでの仕入れです。

じゃあ何が要因しているかというと、

・資金繰りに余裕ができた
・BUYMA全体の売り上げが上がった
・取り扱っているブランドが少し増えた

この3つだと思います。

仕入先や人気商品のリサーチの仕方は
ほとんど変わっていません。

BUYMAのシステム変更などで
多少変化している部分はあるかと思いますが、
基本的な部分は同じです。

そして、そのリサーチ方法であったり、
ライバルとの戦い方などは
ブログやメルマガに書いている通りです。

利益を生み出す基礎となる部分は
網羅して書いているつもりです。

しかし、十分に伝えきれているとも思いません。

僕の頭にあることを文章にしたときに
抜け落ちているかもしれませんし、

文章を読んでもらって解釈する際に
齟齬が生まれているかもしれませんし、

解釈したことが行動に
反映できていないのかもしれません。

あるいは、僕が情報を出し切ったと思い込んでいるだけで、
実は重要な部分に気づいていないのかもしれません。

少なくとも情報を伝達する際に
何かしらの差異が発生しているのは間違いありません。

そして、その差異をできる限り
少なくしたいと考えています。

そこで提案なんですが、

━━━━━━━━━━━━
僕とスカイプしませんか?
━━━━━━━━━━━━

スカイプはメルマガのみの募集し、
すでに締め切ってしまいました。

問い合わせは随時受け付けておりますので、
質問がありましたら問い合わせフォームより
ご連絡下さい。


文章より実際に話した方が
伝わりやすいと思います。

また、一対一で話すので
より具体的な話もできます。

質問をして頂ければ基本的になんでも答えますし、
話をする中で「こうした方がいいんじゃないか」
って思うことがあればアドバイスもさせて頂きます。

ちなみに、無料です。

費用は一切かかりません。

タダ?何か裏があるんじゃないか?って
思われたとしたら、正解です。

裏があります。笑

僕としては、情報発信者として
困りごとが知りたいわけです。

今、BUYMAに取り組んでいる人が
何に困っているのかリアルな部分が知りたいだけです。

もちろん、不利益になるような
情報を発信したりはしません。

スカイプで何かを売るようなこともありません。

なので、気軽に申し込んで下さい。

ご希望の方は下記のフォームから申し込みをお願いします。

無料スカイプ申し込みフォーム↓
http://

こちらのフォームに

━━━━━━━━━━━━━━━

・お名前

・メールアドレス

・希望の時間帯や聞きたいこと

━━━━━━━━━━━━━━━

を記載頂き送信をお願いします。

別途メールにて返信致します。

【申し込み期限】
11月6日(日)終日

【定員】
先着3名

特に困りごとや質問がなくても、
どんなやつか話してみたいって感じでも
全然構いません。

ほっんと気軽に申し込んで頂いて大丈夫です。笑

では!

最後までお読み頂きありがとうございました!

お問い合わせや感想はコチラからどうぞ。

BUYMAとは関係無いけど、情熱大陸を見た話(第146回)

こんばんは、青木です。

一昨日の情熱大陸に漫画「キングダム」の
作者である原泰久先生が出ていました。

キングダムはすでに40巻以上出ていて、
しかもめちゃくちゃ話題になっていたのに
今年になって初めてその存在を知りました。

で、読んでみてどハマりしたって感じです。

DMMで全巻レンタルした後に、
Amazonで全巻買うっていう
無駄なことまでしてしまう始末。笑

キングダムはそれくらい好きに
なってしまった漫画なんですが、
その作者である原先生が情熱大陸に
出るということで月に2、3回しか
電源が入らないテレビの電源を入れました。

原稿を描いているところや
ストーリーを練り上げていく様子が
垣間見れたわけなんですが、
1日に10時間以上も作業し続けるような日もあって
とにかく「没頭」しているって感じでした。

あそこまでのめり込めるものがあって、
それでのめり込んでいられる生活ができて、
しかも多くの人が喜んでくれるって
究極に幸せなんじゃないかって思います。

それで家族だったり、周囲の人間関係とかも
良好だったら(テレビを見る限りでは良好そうでした)
もう言うことはないんじゃないかと。

まあ、食事がコンビニの弁当とかだったので、
健康状態だけは心配になりましたが。笑

やっぱり漫画家は不健康になる宿命になんですかね。

今、近しい人を除いてマジで死んでほしくない人は、
この原先生とワンピースの尾田先生なんですが、
健康には気をつけてほしいなって思います。
(ほんと僕の自己都合です申し訳ない限りですが)

さて、いつもならここからBUYMAの話をするんですが、
情熱大陸を見ていて驚いたというか、
「やっぱりそうだよな」って思う部分があったので、
もう少し話を続けます。

2つあるんですが、
その1つは眠気と戦っていたことです。

のめり込んでやってしまうことであれば、
眠気ってこないんじゃないか?
ってどこかで思っている部分があったんですが、
やっぱり人間なのでそんなことはないようでした。

まあ当たり前といえば当たり前なんですが。

原先生は眠気と戦ってミンティアを食いまくってましたし、
食べ過ぎで歯がかけてしまってるほどでした。

面白くて仕方がないことをやっていても
眠気はちゃんと襲ってくるんだなと。

「猛烈に好きなことさえ見つかれば
眠気と戦うとかそういうのから
解放されるんじゃないか」

っていう変な幻想は見事に打ち砕かれたので
よかったです。笑

決して「無茶」を推奨するわけではありませんが、
時として、眠気と戦って乗り越える
っていうのも必要だとは思います。

ただ、何事も健康な体ありきなので、
寝れるなら寝た方がいいと思いますが。

あと驚いたことがもう1つあるんですが、
自分の生み出した作品に感動していた
ことはかなりの驚きでした。

原先生が自身で描いているキャラクターに
感情移入して泣いてしまうシーンがあったんですが、
これは正直びっくりしました。

自分の生み出したもので泣くほど
感情が高まるというのは自分の感覚にはなかったので。

何か目標とかを達成して、その達成感で
感情が高まるのはなんとなく想像できるんですが、
自分が生み出した作品に対して感動する
っていうのは常識の外側です。

これに関しては、
「だからどう?」って話は特になくて
純粋に驚いたってだけなんですが、
常識外のことは新しい視点になるので、
常識の外側の体験って必要だと改めて思いました。

現状に踏みとどまることなく世界を広げていきたいですね。

BUYMAに関係ない話でしたが、
最後までお読み頂きありがとうございました!笑

追伸、

次回(明日配信の予定)は
ちゃんとBUYMAの話をします。笑

というか、全然公表していなかった
成果報告でも久しぶりにしますね。

興味があれば是非次回も読んで頂ければと思います。

お問い合わせや感想はコチラからどうぞ。

BUYMAで商品を探すお客さん目線に立ってみる(第145回)

こんにちは、青木です。

Apple Payが使えるようになったので、
早速Suicaを登録して改札を通ってきました。

使ってはいませんでしたが
モバイルSuicaとかありましたし、
特に真新しい技術ってわけでもありません。

なのに、なんでなんですかね?

ただ改札を通るだけなのに
少しドキドキしました。笑

iPhoneにおサイフケータイが
採用されてこなかった歴史がそうさせるのか。

どこまで狙っているのか分かりませんが、
Appleは「感情を動かす」戦略がとにかく上手いです。

Apple製品って箱一つ開けるのにも感動があったり。

完全に踊らされている側の人間の意見ですが。笑

これからも踊り続けていくと思います。
(すでに新型MacBook Proが気になってます)

さて、今日はライバルをチェックする際の
注意点について話したいと思います。

BUYMAで受注を取ろうと思ったら、
売れる商品を出品することはもちろんのこと、
出品後の価格調整がかなり鍵になります。

市場に出回ることも珍しい超レアな
商品であれば言い値で売れる可能性もありますが、
ライバルも出品している商品であれば
言い値というわけにはいきません。

同じ商品であれば安く買いたいというのが
一般的ですので、ライバルより安い方が売れる
確率は高くなります。

もちろん、自分が関税込み価格なのに対して
ライバルは関税が別途かかるのであれば
その関税を考慮した金額を設定したり、

配送日数や評価などの条件でライバルより
優位に立っているのであれば多少高くても
売れる可能性はありますので
最安値である必要はありません。

大事なのはライバルと比較される範囲であることと
比較された結果選ばれることです。

それらを考慮して価格を設定します。

で、当たり前なんですが、
同じ商品を出品しているライバルを
把握できていなければ今話したような
価格設定はできません。

そのライバルをちゃんと把握できていますか?

という話です。

ライバルをチェックする時に
おそらく「ブランド x カテゴリ」で
絞り込んでいるかと思います。

僕も基本的には「ブランド x カテゴリ」で
絞り込んだ後、人気順でライバルをチェックしています。
(最低でも上位120件は見るようにしています)

この絞り込みをしたときに
ライバルを漏らさないようにしないといけません。

分かりやすいのバッグですが、
ライバルがトートバッグカテゴリで出品しているのに
ハンドバッグのカテゴリで絞り込んでしまっては
ライバルを見落とすことになります。

ですので、バッグのライバルをチェックする時は
「バッグ・カバン全て」で絞り込む必要があります。

もちろん、「明らかに」クラッチバッグであったり、
「明らかに」バックパック・リュックであれば
その必要はありませんが、

ハンドバッグ、トートバッグ、ショルダー・ポシェット
のいずれとも取れるような場合は、
バッグ・カバン全てで絞り込みをします。

このように曖昧なカテゴリは注意が必要です。

さらに、僕自身が見落としがちになる
パターンをもう一つ紹介します。

それはモデルです。

ブランドによっては
モデルを設定して出品ができます。

PRADAの「SAFFIANO LUX(サフィアーノルクス)」、
「CANAPA(カナパ)」や、

FENDIの「PEEKABOO(ピーカブー)」、
「2 JOURS(トゥージュール)」、
「BY THE WAY(バイ ザ ウェイ)」

CELINEの「Luggage(ラゲージ)」、
「Trio Bag(トリオバッグ)」、「Cabas(カバ)」
などです。

しかし、このモデルは任意の設定なので、
ショッパーによっては設定をしていません。

例えば、バレンシアガのCABAS(カバ)というモデルがありますが、
この商品では設定がされていません。
http://www.buyma.com/item/20939702/

後から設定ができないので、
(モデルの変更はできます)
モデルの設定をし忘れて後から設定したくても
できていないという可能性もあります。

いずれにしてもモデルの設定をしていないので、
「CABAS」でモデルの絞り込みをした場合、
この商品は検索から漏れることになります。

が、僕はついついモデルを絞り込むだけで
チェックを終えてしまうことがあります。笑

売れている数からしてもっとアクセスが集まっても
良さそうなのに反応が芳しくない、というときに、
ここで見落としていたということが数回ありました。

もちろん、ライバルの商品にアクセスが流れている
というのは可能性の一つであって、
必ずしも直接的な原因ではないかもしれませんが、
把握できているかできていないかは雲泥の差があります。
(検証できることに差が出るため)

さらに加えると

「お客さんが必ずしも自分と同じ探し方をするとは限らない」

という視点は常に持っておく必要があります。

商品ページに辿りつくまでには
いくつかのルートがありますので、

「お客さんがどういう検索をしているか?」

を気にとめてBUYMA内を見てみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました!

追伸、

モデルの設定をしてないショッパーが
最安値だった場合に
その価格に合わせるかどうかは別問題です。

モデルを設定していなければ
お客さんがモデルで検索をかけた時に
検索にヒットしないことになりますので、
その商品の価格は無視をして
価格設定するのもありです。

お問い合わせや感想はコチラからどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ