無料メルマガ配信中です!


 ASOSを販売して月に10万円稼ぐのが限界だった僕が
 平均月利110万円超、最高月利280万円(2016年実績)
 稼げるようになった考え方を無料メルマガで公開中!

 
 
 
 
  
      

【第73回】無在庫のデメリットについて考える(3)

こんにちは、アオキです。

最近、愛用しているMacBook Airの調子が悪いです。

何がどう接触しているのか分からないのですが、
トラックパッドの手前の方を押すと、
かん高い音でパキパキ鳴ります。

Mac好きの僕としては、
去年の秋頃から新しいMacBookの購入を検討しているのですが、
未だに踏み切れていません。

このパキパキと音がなってしまうのを理由に、
買い換えようとも思っているのですが、
たまに動作が遅くなること以外、
ほとんど不自由なく作業できているので、
完全に無駄遣いです。

実はMacBook Airの他にも、
iPhone、iPad(最近買い換えました)、iMac、
AppleTV、AirMac ExpressとApple製品をいろいろ持っています。

iMacもRetinaディスプレイ仕様が発売された時に、
買おうとしていました。

BUYMAをやりながらお客さんを見て、
よくこんなにも高いものを買うなあと思っていましたが、
その方々からすると僕も似たようなもんですね、きっと。

人の購買意欲はよく分からないものです。

そのおかげで稼げているわけですが。

さて、

昨日はBUYMAでは比較的よく起こる
値下げ合戦の話をしましたが、
はっきり言ってほんとに不毛です。

価格調整をする手間はかかりますし、
値段を下げたら下げた分だけ当然利益は少なくなります。

効率は悪くなる一方です。

人気がある商品で、
買い付け先が知れ渡っていると
そういうケースなりやすいわけですが、
対処法はちゃんとあります。

ライバルからは売れずに
自分から確実に売れる方法です。

結論から言うと、
先に買い付けてしまうことです。

在庫販売をしている人にとっては、
もう使い古された方法だと思いますが、
これがシンプルで一番効率がいいです。

要は複数のライバルも出品できてしまうところに
問題があるわけです。

なので、
ライバルが売れない状態にしてしまえば、
万事解決です。

最後までお読み頂きありがとうございました!

って感じで締めたくなるぐらい、
「在庫販売」という方法が一番オススメです。

が、

たぶん、そんな簡単に在庫販売をできないというのが、
本音ではないでしょうか?

僕もそうだったんですが、
無在庫で販売できてしまうために、
在庫を持つことに対して必要以上に恐怖心があるように思います。

「無在庫で販売しなければならない」
とまでは言いませんが、
無在庫販売の呪縛があるように思います。

ですが、
仕入れた商品が仮に100%売れてしまえば、
受注と買い付けの順番が入れ替わるだけで、
お金と商品の流れは特に何も変わりません。

もちろん100%売れるなんて保証はどこにもありませんが、
リサーチさえちゃんとすれば売れ残ることはほとんどありません。

利益が当初思っていた額に
なっているかどうかはさておき、
赤字取引になったのはほんの数%です。

その赤字額の何倍もの利益を手にできている
事実に目を向けて欲しいです。
(ブログにそう書いているだけでは
信じる材料にならないかもしれませんが)

無在庫でも稼いでいる人はいるみたいですので、
在庫販売じゃなきゃ稼げないことはないと思いますが、
在庫販売は稼げます。

しかも、効率よく稼げます。

できれば在庫販売をして下さい、
とは言いません。

在庫販売をしましょう。笑

リスクはゼロではありませんが、
僕の感覚ではローリスク、ハイリターンです。

とは言っても、
抵抗感はあると思いますので、
その抵抗を少しでも減らせるように
情報を発信していきたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

contacticon

無料メルマガ配信中です!


 ASOSを販売して月に10万円稼ぐのが限界だった僕が
 平均月利110万円超、最高月利280万円(2016年実績)
 稼げるようになった考え方を無料メルマガで公開中!

 
 
 
 
  
      
サブコンテンツ

このページの先頭へ