無料メルマガ配信中です!


 ASOSを販売して月に10万円稼ぐのが限界だったところから
 平均月利110万円超最高月利280万円(2016年実績)
 稼げるようになった考え方を無料メルマガで公開中!
  ※2017年は毎日配信しています!!

<< 期間限定で↓のレポートも無料プレゼント中です! >>

 ・利益に直結するモデリングバイヤー選定法!
 ・受注を激増させる出品後チェックシート
 
 
 
 
  
      

BUYMAの買い付けに使いやすいクレジットカードとは?(第104回)

今日は、

「買い付けをするには、どこのクレジットカードがオススメですか?」

という質問が同じタイミングで2人ぐらいからあって、
ちょうどいい機会なのでいくつか紹介しておきたいと思います。

要は、どこのクレジットカードなら買い付けができて、
ポイントやマイルの還元が美味しいかってことだと思います。

買い付けられることはもちろん、
どのクレジットカードを使うかで後々ポイントでお買い物ができたり、
マイルで海外旅行に行けたりする差になってくるので、
副産物と言えど、侮れません。

実際、BUYMAの仕入れに使った数年で、
ポイントで使った金額はトータルで100万円分ぐらいになりますし、
マイルも50万マイルぐらい貯まっています。

 

ということで、買い付け、実用性、ポイントやマイルの還元を加味して
クレジットカードを選ぶポイントと、
具体的なクレジットカードを紹介していきます。

何よりも先にクレジットカードを用意する

BUYMAの活動をするとなると、
やれリサーチだの、やれ出品だのとなってしまい、
クレジットカード(買い付け資金)を軽視しがちですが、
BUYMAの活動をするなら最も優先順位が高いのが
クレジットカードを準備することです。

その理由は明白で、
せっかく利益が出る商品を出品して受注があったとしても、
買い付けることができなかったら利益は得られないからです。

しかも、いざ欲しいとなって慌てて申し込みをしても
手元にクレジットカードが届いて使えるようになるまでには、
決して短くない時間がかかってしまいます。

買い付ける際には、
必ずクレジットカード(もしくはデビットカード)が
必要になりますので、
焦らなくて済む様に余裕を持って作っておきましょう。

 

BUYMAの買い付けで使うクレジットカードのポイントは?

で、BUYMAの仕入れで使うクレジットカードとして
重要なポイントとなってくるのは以下です。

1、提携会社(国際ブランド)
2、限度額
3、締め日
4、年会費
5、ポイント還元

今日は具体的なカードを紹介したいので、
それぞれのポイントの基準は簡単に説明します。
(カードだけ知りたい方は読み飛ばしてもらっても大丈夫です)

 

1、国際ブランド

まず、BUYMAの買い付け(仕入れ)目的で使うことを前提にした場合、
海外のショップで使えるクレジットカード
前提に考える必要があります。

海外のショップで使えるかどうかは、
クレジットカードの国際ブランドで決まります。

「国際ブランド」というと馴染みがないかもしれませんが、
具体的には以下です。

VISAMASTERAmericanExpress(AMEX)
JCBDiners Club、etc

どのショップでも使いやすいのはVISAとMASTERです。

JCBは発行元が日本なので馴染みがありますが、
海外では結構使えないところもありますので、
買い付け目的ではあまりオススメできません。

また、外貨を決済する時には、
日本を決済する場合と異なり、決済手数料が数%かかります。

VISA、MASTERは1.63%、AMEXは2.0%、
という感じでカード会社によって異なります。

 

2、限度額

限度額は高ければ高い方がいいです。

リサーチの精度が上がり、販売量が増えていくと、
あっさりと限度額いっぱいまで使ってしまいます。

「200万円の可能枠があるから」なんて思っていると、
気づいたら限度額いっぱいまで使っていることはよくあります。

ですので、限度額は大きいに越したことはありませんし、
できれば複数枚持っておくことをオススメします。

また、限度額が大きいという面では
ゴールドカードがいいという話になるんですが、
ゴールドカードだと年会費等もかかってくるようになるので、
その辺りも考慮して選択したいところです。

 

3、締め日

大きくは2パターンに分かれていて、
月末締めの翌月27日引き落としか、
15日締めの翌月10日引き落としになります。
(AMEXだと18日締めの10日という場合もあります)

できる限り支払いを遅くした方がキャッシュフロー的に良いので
できる限り締め日が異なるカードを持った方が良いです。

例えば1月30日に決済する場合、
月末締めのカードなら引き落としが2月27日になりますし、
15日締めのカードなら3月10日になります。

当然、支払いが遠くなる様に決済をした方が、
キャッシュフローとしては良くなります。

1種類しか持っていないと支払い日を選ぶことができませんが、
締め日が違う2つのカードを使うことで支払い日が遠い方を選択できますので、
作れるのであれば、締め日が異なる2種類のカード作っておきましょう。

 

4、年会費

年会費無料のカードもあれば条件付きで無料となるものもあります。

買い付けに使うのであれば、
回数や金額の条件は基本的にクリアできると思います。

また、年会費が無料であればそれに越したことはありませんが、
年会費が多少かかっても限度額が大きいゴールドであったり、
この後に話すポイントの還元率がいいカードがありますので、
状況に合わせて最適なクレジットカードを選びましょう。

 

5、ポイント還元

大体のカードはそれぞれのポイントがあり、
何かしらの還元を受けられます。

クレジットカードのポイントの最終地点とされやすいのがマイルです。

仕入れ金額が大きくなってくると
海外旅行にいけるぐらいのマイルは普通に貯まります。

僕は普通に買い付けをしていたら40万マイル以上貯まりました。

このような観点を考慮して○枚のカードを紹介します。

 

どこのクレジットカードがいいのか?(年会費重視)

とりあえずはコスト面を重視したカードを紹介します。

1、楽天カード

年会費無料で限度額も上がりやすいです。

また1%が楽天ポイントで還元されるので
100万円仕入れると楽天で1万円お買い物ができます。

審査も比較的通りやすく、
とりあえず持っておきたい一枚です。

このカードで利用を重ねると楽天ゴールドの審査も通りやすくなると考えれらます。

月末締めの翌月27日払いです。

 

2、オリコカード・ザ・ポイント

こちらも楽天カードと近い感覚のクレジットカードです。

年会費無料でポイント還元が1%ありますので、
楽天カードと同じように100万円仕入れると1万円分のお買い物ができます。

ただし、楽天カードと異なるのは、
ポイントでアマゾンのギフトカードや楽天ポイントなどに交換できる点です。

獲得したポイントを楽天とかアマゾンで買い物できるというのは、
かなり使い道としては良いと思います。

楽天やAmazonのギフトカードの他にも、
TポイントやiTunesカードにも交換できます。

また、オリコカードのゴールドカードに位置する、
オリコカードザ ワールドというカードもあります。
(これに関しては、後に触れますが
ぶっちゃけBUYMAで使うなら最強のクレジットカードです)

あと、オリコは繰り上げ返済にも素早く対応してくれます。
(入金日の当日18時ごろに繰上げ返済分の利用枠が空きます)

こちらも楽天と同様に、月末締めの翌月27日払いです。

 

3、ANA American Express(ANAアメックス)


こちらは7000円(+消費税)の年会費がかかりますが、
対応がかなり早く、柔軟なところがポイントです。

BUYMAの買い付けとなると、
海外での利用が中心になりますが、
海外のショップで利用しようとすると
セキュリティ上の都合でたまに利用が制限されます。

その時に24時間電話対応をしてくれるのは、
かなりありがたさがあります。
(次の日まで待って、売り切れてしまうと涙目になります)

利用可能枠の一時引き上げにも
素早く対応してくれるのもポイントです。

また、資金があれば事前に入金することで
利用できる金額を増やすこともできます。

マイルも100円で1マイル貯まりますので、
マイルを貯めたいならお勧めです。

買い付けしている間に
50万マイルほど貯まりました。
(他のポイントとは完全別にして)

40万マイルがあると夫婦二人でファーストクラスで
世界一周ができてしまうので、
マイルってなかなか夢があります。

使い始めは可能枠が低いことと、
外貨決済手数料が他のカードに比べると高いのが難点ですが、
使い続けていると限度額が上がっていきますので、
長く使って信用を高めていくことでかなり使えるカードになります。

ここまでのカードは比較的審査も通りやすく、
使いやすいカードです。

楽天とオリコカードは月末締め翌月27日、
アメックスは18~22日締めの翌月10日となっていますので、
(契約者ごとに異なるそうです)

あとは15日締めの翌月10日引き落としのカードを用意しておきたいところです。

そのような観点から上記カードと組み合わせて、

 

4、ANAカード(VISA / MASTER)


審査が少し厳しく、年会費がかかりますが、
15日締めなことに加えて、
マイルが1000円で10マイル貯まります。
(切り捨てが異なりますが、還元率はANAアメックスと同じです)

締め日重視で、ポイント還元を考慮しないなら、
三井住友VISAカードかMUFGカードなどが良いかと思います。

こちらも審査は若干厳しいですが、
ゴールドカードがあるので締め日と限度額の観点から
持っておいて損はないと思います。

以上が、年会費や締め日を重視したクレジットカードになりますが、
買い付け額が増えてきたら確実に切り替えた方がいい
最強クレジットカードを紹介していきます。

 

BUYMAの買い付けに使うなら最強のカード

5、オリコカード ザ ワールド(Orico the World)

先ほど少し名前を出しましたが、
BUYMAをやるなら断然オリコカード ザ ワールドです。

買い付けカードとしては最強です。

9,800円の年会費はかかるのですが、
外貨決済で利用すると還元率が2.0%になります。

買い付けで使うなら基本的に外貨になるので、
常に還元率は2.0%の状態です。

還元率1.0%のカードで100万円分買うと
1万円分のポイントが貯まりますが、
オリコカード ザ ワールドは2.0%なので2倍の2万円分貯まります。

つまり100万円分利用すれば
年会費はペイできてしまいますし、
利用額が100万円以上になれば
オリコカード ザ ワールドのが得です。

BUYMAの仕入れで使うなら、そんなに難しい金額じゃないです。

僕は2016年、オリコカード ザ ワールドのポイントだけで、
30万ポイントぐらい貯まってましたし、
2017年はさらに40万ポイントぐらい貯まりました。

(使ってしまったので、若干少ないですが)

 

オリコポイントと同じなのでAmazonのギフト券や
楽天のポイントに1:1で交換できるので、
貯まったポイントは1ポイント1円で使えます。

しかも、オリコポイントはANAマイルへの交換が

1,000ポイント → 600マイル

です。

ですので、オリコカード ザ ワールドで外貨決済をすれば
マイルの還元率は1.2%になるので、
ANAカードを使うよりも高還元になります。

(10,000円使ったら20,000ポイント
→12,000マイルになります)

 

Amazonで使うにしても、
マイルを貯めるにしても得なので、
ほんと使わない手はないです。

あくまでもポイントなので
利益としては換算していませんが、
ほとんど現金と同じ価値なので、
カードのポイント還元も侮れません。

限度額がMax300万円までいくのもポイントです。

これがBUYMAに相性抜群、
最強クレジットカードの「オリコカード ザ ワールド」です。

 

その他のクレジットカード(番外編)

6、楽天プレミアムカード(楽天ゴールドではない)

楽天カードの上位カードです。

楽天カードのゴールドステイタスには、
楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードがありますが、
楽天プレミアムカードの方です。

年会費が10,000円(+消費税)かかって、
ポイント還元率は変わりませんが、
限度額がMAX300万円までいくのが良いです。

年会費無料のカードで使い分けるのでもいいですが、
買い付け額が多くなってくると、
クレジットカードが分散しすぎて管理がめんどくさくなります。

その管理コストを考えると年会費がかかっても
少ないカードにまとめられる方がコスパはよくなります。

また、楽天ゴールドではなく、楽天プレミアムカードを選ぶ理由は、
プラオリティパスが付帯しているからです。

海外旅行に行くことがなければ、
基本的に使うことはありませんが、
通常の年会費は399米ドルである
プレステージ会員が無料になるのは、かなりお得です。
(プレステージ会員が無料になるクレジットカードは稀です)

BUYMAをやっているとマイルも貯まって、
海外に行くチャンスも増えるので、
持っておいて損はないと思います。

 

7、American Express Gold Card(アメックスゴールド)

はっきり言って、年会費が高いので、
そこまでオススメではないです(笑)
(年会費:29,000円+消費税)

ただ、年会費は高いのですが、
家族カードが無料で作れるのがいいのと、
手荷物無料宅配サービスがかなり使えます。

手荷物無料宅配サービスとは、
自宅-空港間のスーツケースを宅配してくれるサービスです。

かなり楽です。

しかも、ラッシュの時間帯にスーツケースを持って
電車に乗ると白い目で見られますが、(というかそもそも乗れない)
そういった時にも役立ちます。

これまでに紹介したカードでも付いているサービスですが、
行きも帰りも使えるのはアメックスゴールドだけです。
(すでに紹介したカードを組み合わせれば、往復で使えると思います)

保険も充実しているので、旅行に行くには良いカードです。

あと、これは本当に余談ですが、
アメックスのプロパーのカード(ANAとかではないカード)で
貯めたメンバーシップ・リワードポイントは、
シンガポール航空のマイルに交換できます。

なぜシンガポール航空かというと、
シンガポール航空には
空飛ぶスイートルームと呼ばれるスイートクラス
というファーストクラスを凌駕するクラスがあります。

まだ乗ったことはありませんが、
ポイント的にはもう乗れるだけのポイントが貯まっているので、
時間を作って乗ってみたいと思います。
(ぶっちゃけそれ目的で作りました)

以上がお勧めのクレジットカードになりますが、
事情があってカードが作れないというのであれば、
デビットカードを持つことによって海外のショップで決済ができます。

 

デビットカードを一枚持っておくと安心

8、楽天デビットカード

決済時に口座から引き落とされるので、
口座の残高分しか利用できませんが、
審査なしで持てるカードです。

楽天銀行や三菱東京UFJ銀行からVISAデビットが発行されてますので、
用意しておけばVISA加盟店で使えるようになります。

何らかの事情でクレジットカードが使えないという場合には、
デビットカードを使うのがいいでしょう。

 

クレジットカードを作るなら自己アフィリで

クレジットカードを作る際には、
普通にカード会社のサイトから申し込みをするより、
自己アフィリエイトという方法を使った方がお得です。

なぜなら、同じようにクレジットカードを作っているのに、
自己アフィリエイトをすることで、
数千〜数万円のキャッシュバックが受けられるからです。

最初、別のサイトを経由してから
クレジットの申し込み画面にいくだけですので、
手間は少ししか変わりませんし、
クレジットカードにはもちろん差はありません。

どうせ申し込むならキャッシュバックを受けた方が断然お得です。

申し込み方としては、ハピタスA8.netというサイトで、
アカウントを作り、発行したいクレジットカードを検索するだけです。

検索して作りたいクレジットカードがあれば、
報酬条件などが記載されているので、
記載内容を確認してあとはそのリンクから申し込むだけです。

クレジットカードを作る際には、一度調べて見て下さいね。

 

申し込みをする際には、時間をあけてから

クレジットカードの登録情報(申請情報)は申込日から6ヶ月間残ります。
(審査に落ちても申請記録は残ります)

その間に大量のクレジットカードを申し込むと
「ん?この人、この短期間で何枚申し込んでいるんだ」
ということで、審査が厳しくなる可能性があります。

ですので、半年間の間に一気に申し込みせずに、
ある程度期間をあけてから申し込みをした方が審査が通りやすくなります

だいたい目安となるのは3枚前後と言われていますので、
半年の間に3枚ぐらいを目安に申し込みをしておくといいでしょう。

 

できるだけ増枠をしておく

利用可能枠を手っ取り早く増やす方法としては、
増枠という方法があります。

新規に申し込むよりは、ハードルも低く、手間も時間もかかりません。

ですので、カードの申し込みも重要な仕事ですし、
すでに持っているのであれば増枠というのもやっておいて下さい。

また、一時的に高額利用したいという場合は、一時増枠という方法もあります。
新規申し込み、増枠よりもさらにハードルは下がります。

 

万が一、クレジットカードの不正利用があった場合には…

海外のショップで使っていると
たまにですが不正利用があったりします。
(僕は経験がありませんが、コンサル生でありました)

その場合は、兎にも角にも
クレジットカード会社に連絡をしましょう。

利用者の過失で暗証番号を漏洩したとかでなければ、
基本的には保証を受けられるはずです。

また、発覚以降に被害を広げない為にも、
クレジットカードを止めておく必要があります。

その際はそのクレジットカードが使えるまでに
数週間かかることになりますので、
そういった場合も考慮して複数枚持っておいた方が安心ですね。

 

まとめ(クレジットカードはほんとに大事)

冒頭の繰り返しになりますが、
せっかく利益が出る商品を出品して受注があったとしても、
買い付けることができなかったら利益は得られません。

 

ですので、クレジットカードはあるから」と安心せずに
作れる時に新規に申し込んだり、増枠をしたり準備をしておきましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

お問い合わせや感想はコチラからどうぞ。

無料メルマガ配信中です!


 ASOSを販売して月に10万円稼ぐのが限界だったところから
 平均月利110万円超最高月利280万円(2016年実績)
 稼げるようになった考え方を無料メルマガで公開中!
  ※2017年は毎日配信しています!!

<< 期間限定で↓のレポートも無料プレゼント中です! >>

 ・利益に直結するモデリングバイヤー選定法!
 ・受注を激増させる出品後チェックシート
 
 
 
 
  
      
サブコンテンツ

このページの先頭へ